やっててよかった!先輩が語る塾講師の魅力【講師歴8年 M先生】

私は塾講師にとてもやりがいを感じています。
生徒を指導する立場にいるということは楽ではありませんが、人生において後輩にあたる生徒の成長過程に関われる仕事というものはそうそうないように思います。
つまり、特別な職業だと思うのです。

第一に、やはり生徒の成績があがっていくことへの達成感がやりがいとなります。
テストを受ければ点数や順位で学力のレベルアップが目に見えて分かるので、次の授業にも力が入ります。

第二に、生徒に勉強面だけでなく生活面での悩みを相談されるようになることです。
何らかのアドバイスが出来、「先生に相談してよかった」と言われたときには本当にうれしい気持ちになりました。
また、生徒からの質問を受けて新たな解法が得られたり、自分だけでは思いつかなかった考えを得られたり、面白い発見もあります。
指導の方法や幅がどんどん広がっていくのが分かります。
塾講師になったことで、講師としてだけでなく人間としても生徒と一緒に成長できていると実感しています。

最後に、いろいろな生徒と接することは楽しいことであり、若い力の育成に携われることは自分の成長につながっていきます。
私はこういったことにやりがいを感じ、塾講師としての自分にプライドを持っています。

やっててよかった!先輩が語る塾講師の魅力【講師歴2年 R先生】

私は塾講師になって日が浅く、何度も辞めたいと思ったことがありました。
しかし最終的にこの仕事が魅力的すぎるので辞められないと思いとどまり、今でもバリバリ活躍しています。

塾講師として働くことの魅力としては、学校で教えられることのないような勉強をどんどん生徒に教えていけるという点があります。
もちろん学校教育を否定しているわけではなく、学校教育で教えられていることを生徒に定着させるのが我々の役目だと感じています。
その役目に対して私は何よりものやりがいを感じているのです。

例えば私は学校では質問できないような疑問についても生徒に遠慮無く質問をさせるようにしています。
ですので私の授業は生徒から非常に評判がよく、リラックスしながら受けられると生徒がほめてくれることがあります。
この生徒からの信頼感も辞められないと感じる理由の一つです。
もちろん塾講師になってからはミスをしてしまったり何度も辛いと思ったことはありますが、それでも辞めずに続けられたのはこの仕事をすることに生きがいを感じるからなのだと思っています。

塾講師の中には入社後離職してしまう方もいますが、私はどんなに給料を下げられたとしてもやめるつもりはありません。